HOME > キャラクター紹介 > ホロスケー

カツダンソー

デレスケー、ホロスケーを従える
悪の親玉。

デレスケー、ホロスケーに悪事を任せ
地底で様子を伺っていたが、
2人のあまりの不甲斐なさに
カツダンソー自らが戦いの舞台に乗り出す

禍々しい剣と地震を起こす足踏みが武器。

大地震の出来事を風化させない、という想いが
間違った方向へ進んでしまい
自らが地震を起こす存在へと成り果ててしまった。